東京目白・花想容にて

  • 2014.10.10 Friday
  • 18:34


10月3日〜5日までの三日間、東京目白にある着物サロン「花想容」へお邪魔して、
椿堂の煎茶会を催しさせていただきました。

大正期の古民家を利用したサロンでは、お茶を愉しむカフェとしても利用でき、
建物やインテリアの温もりはもちろんのこと、



オーナーの中野様やスタッフの皆様の接客が素晴らしいお店です。
お客様の表情もみると、心身ともに癒しの空間であることが伺えます。

そんな素敵なショップでお茶席を担当させていただくのは今回で3回目になり、
複数回お会いしているお客様もおられました。

また、私を尋ねてお越しいただいた方もあって、とても喜ばしいお時間を頂戴しました。



今回のお席では、野点て用の茶器を一式入れる「提籠(ていらん)」を配し、
唐物と京焼を中心とした道具をご用意させていただきました。

お茶は、京田辺産の本玉露に宇治産の碾茶(抹茶の原料)をお点前でブレンドする初めての試み。
抹茶の風味と玉露の深い味わいを同時に愉しんでいただく京都のお茶ならではの贅沢なブレンドでした。
和菓子の後の次席では、すっきりと爽快な宇治煎茶をお淹れさせていただきました。



計らずも、最終日は私の44回目の誕生日であり、中野様とともに大変嬉しいサプライズを頂戴しました。
皆様には愉しいひとときと素敵な出会いをいただき、改めて心より感謝申し上げます。


花想容

東京都新宿区下落合2-19-21
(JR目白駅から徒歩6分)
03-3565-3265 (Tel &Fax)

http://kasoyo.com/
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM