美山町にて

  • 2016.02.26 Friday
  • 21:04


茅葺き屋根の集落が残る京都北部のまち美山町の北桑田高校美山分校におじゃましました。



こちら茅葺きの里は、本当にこころやすらぐ田園風景が広がっていて、多くの観光客が訪れる有名なスポット。



実は私、初めての美山町。
以前は交通アクセスもあまり整備されておらず、何度か途中で断念したこたも‥。
現在はトンネルなども整備され、京都市内から車で約一時間で行くことが出来ます。



今回は、煎茶道のお仲間として交遊のある方から、ご依頼を頂き高校の教職員の方々に煎茶セミナーの講座をさせて頂きました。

今日のお題は『喫茶去』
(お軸を用意したのですが、撮り忘れました(^^;;)

宗の時代の禅宗の言葉です。
(茶を飲んだら立ち去れ)という次の修行への導きと(一服も修行)という休むことの大切さを説いた言葉です。

玉露や和龍茶(国産烏龍茶)をアンティーク茶器でお愉しみ頂きながら、日本茶の歴史やお道具の解説、頂き方のマナーなどをお話させて頂きました。

普段は授業に使用されている理科室も設えを変えれば、非日常の空間に様変わり?

講座を終え、代表の先生から「職員は、何かと気苦労も多く離職や休職するものもここ数年増えてきています。我々にとっては、心安らぐひとときでした」と御礼のご挨拶を頂きました。

『喫茶去』

いつまでも居ていたい長閑な里山の風景を後にして‥。




コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM